賃貸物件の破損

作業風景

賃貸物件を契約して住み始めた際に大きく破損させてしまう事もあると思います。このような場合は事実を隠すために自分で修理をするまたは自分で業者に依頼をする方が多いのですが、それでは修理料金をすべて負担しなくてはならない事になります。自分で壊したので修理料金を全額負担すると言うのは当然なのかもしれませんが、賃貸物件によっては大家さんが半分修理費用を出してくれる事もありますので、全て自分で行うのではなく、破損させてしまった際にはまず管理会社に連絡をして大家さんと連絡を取るようにしましょう。なぜ破損させてしまったのかを聞かれてしまう事もありますがその際にはしっかりと本当の事を話すようにしなくてはなりません。

事実を大家さんに話してしまう事によって、今現在の場所を退去しなくてはならないのではないかと思ってしまう事もあると思いますが、そのような状況はほとんどありません。修理している間は入れなくなってしまう可能性がありますが、破損させた事が原因で退去しなくてはならないと言う事にはなりません。この心配が解消される事によってしっかりと事実を話す事ができるようになると思います。またそのような事によって賃貸の家賃を値上げされてしまう事も少なくなってきます。破損させたからと言って今まで通り生活する事ができなくなってしまう事は無いので、賃貸の修理を早めに行うようにしましょう。破損してしまった箇所をそのままにしておくことは絶対にしないようにしましょう。